【8/22】~The First Half Step~田中利江ソロライブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

BULGEのボーカリスト、田中利江がソロライブを行います!

Siing Syncで、楽曲製作からボイストレーニングまで
音楽に関する総合的な監修を手がけるBULGE。

今回はBULGEのボーカリスト、田中利江のソロライブを
ギタリストの細見 篤史さんをゲストにお招きして札幌で行います。

4オクターブの声域を持つ、田中利江をぜひお楽しみください。

【出演】
田中利江(Vo)

サポートミュージシャン: 細見篤史(Ag)

【日時】 8/22 19:30~ (開場19:00)

【場所】 奥井理ギャラリー     札幌市中央区旭ヶ丘5丁目6-61 (駐車場あります。)

●地下鉄東西線「円山公園」駅(2番出口)下車、
JRバスロープウェイ線「円山公園駅前」(円山バスターミナル)乗車、
「慈啓会前」下車、徒歩1分

●地下鉄南北線「中島公園」駅(1番出口)下車、
JRバス山鼻環状線「中島公園駅前」乗車、
「慈啓会前」下車、徒歩1分

【料金】 前売り 3500円 当日 3900円
チケット販売開始 7月20日予定

★こちらのフォームからも事前申し込みが可能です。

申し込みフォーム

【お問い合わせ】
mittz115@gmail.com
090-5222-3678
【出演者について】

★★ 田中利江 Vocal ★★

■3歳のころに母親が観ていたテレビ番組でピアノに興味をもつ。4歳からピアノのレッスンを受け始めたが、オモチャでないことに気づき早速イヤになる。今更ピアノをやめたいとは言い出せず、成り行きで作曲を始めさせられてしまう。
■ところがここで天賦の才能が発揮され、7歳、9歳、10歳の時にヤマハ・ジュニア・オリジナル・コンサートで入賞する。
■そろそろクラシックに飽きはじめ、12歳からバンドを組みオリジナル曲を作り始めてみる。本当はボーカリストの座を狙っていたが、音痴のためキーボード担当に収まる。。。
■大学進学後もバンド活動にますます没頭し、どうしても歌いたい気持ちが抑えられずシンガーソングライターを夢見て独学で歌の勉強を始める。
■1992年3月、ヤマハ・シンガーソングライター・オーディション「My Song」全国大会にて優秀賞受賞。
■同年9月、ヤマハ「MUSIC QUESTユ92」日本大会にて金賞受賞。
■1995年:BULGEとして活動を開始し現在に至る

4オクターブの声域を持つ。ボーカリストとして、渡辺美里、酒井法子、染谷 俊、島谷ひとみ、安倍なつみ、Folder5、松浦亜弥、V6、中川 進、千里愛風・・・・・・etcのレコーディングやライブに参加。

★★ 細見篤史 Guitar ★★

10代の頃より独学にてギターを始める。
同時期より主に京都を中心としてバンド活動。
講師業を経て1997年に上京。
上京後は、サウンド・プロデュース・ユニット「BULGE」と共に活動。
島谷ひとみ等のレコーディングに参加。
現在はヤマハPMS講師としても、記録的な生徒数を誇り、精力的に活動中!

【奥井理ギャラリーについて】

20年前、19歳という若さで不慮の事故により地球人生(本人が残した言葉)を終えた画家、
奥井理(みがく)さんを記念するギャラリー。

少年の、ほとばしるエネルギーがあふれる絵や作文が展示されています。

森に囲まれたすばらしいギャラリーで、今回のライブが実現しました。

【The First Half Step】
一歩ずつ、一歩ずつ、そんな一歩だってはじめるには勇気がいる。
だったら、はじめの半歩から、
何かをはじめるきっかけになればいい。
そんな思いをこめています。
Sing Syncは、皆さんと一緒に半歩踏み出したところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です